7150_edited.jpg

疲れた者、重荷を負う者は、

だれでもわたしのもとに来なさい。

休ませてあげよう。

​マタイによる福音書 11:28

ようこそ、ルーテル大江教会へ。

「教会に行ってみたいけど・・・」「教会ってどんなところだろう」

色々な不安や疑問があると思います。

まずはこのページを読んで、ぜひ教会に足を運んでみてください。

​訪れた方すべてに、心の平安がありますように。

ルターくん

Q.教会って誰でも行っていいのですか。

 どなたでも歓迎いたします。どうぞお越しください。悩みを抱えた方、疲れた方、居場所がほしい方、教会に興味をお持ちの方、誘われたから行ってみようという方、特に理由はないけれど何かやっているから入ってみようという方……どなたに対しても教会の扉は開いています。タイミングに迷う方は、まずは毎週日曜10時30分からの主日礼拝においでください。

Q.ルーテル教会とは何ですか?

 16世紀の宗教改革によって生まれた、ルター派の伝統あるプロテスタント・キリスト教会です。ドイツ・北欧を中心に世界中にルーテル教会は広がっています。ルーテル大江教会は包括宗教法人日本福音ルーテル教会に属する教会です。(よく間違われますが、天草市のカトリック大江教会とは別教派の教会です。)

Q.とにかく、何もわかりません。どうすれば?

 ようこそお越しくださいました。教会入口の受付で、「初めてです」とおっしゃってください。あとは牧師や教会員がご案内いたします。受付でご記名をいただきますが、出席者集計にのみ使用しますのでご安心ください。

Q.服装はどうすればよいのですか。

 いつもの服装でどうぞ。フォーマルである必要はありません。中高生の方は制服でも私服でも構いません(ミッションスクールの方は学校の指導に従ってください)。「祈りの場」に入るということを考慮していただくだけで結構です。(教会員もだいたい普段着です。)

Q.礼拝では、何をするのですか。

 礼拝では、聖書を読み、牧師の説教(聖書の説き明かし)を聴き、讃美歌をうたい、神様への祈りを捧げます。また、献金や聖餐式(せいさんしき)があります。聖書や讃美歌集など、必要なものはすべてお貸しいたします。どうぞ手ぶらでお越しください。讃美歌は歌える範囲で大丈夫です。どうぞリラックスしてお過ごしください。(礼拝の流れの一例はこちらをご覧ください。)

Q.「献金」とはなんですか。強制されますか。金額に決まりはありますか。

 礼拝の中で献金の時間があります。神様への感謝のしるしをお金としてお捧げする時間です。金額に決まりはなく、強制ではありません。無理のない範囲でお捧げください。ご用意がなくても大丈夫です。お捧げいただいた献金は厳正な会計管理・監査のもとで教会の運営・維持や社会奉仕活動のために使われています。

Q.「聖餐式」とはなんですか。

 イエス・キリストとその弟子たちがおこなった、いわゆる「最後の晩餐」(ルカ22:14など)にならい、キリストのからだであるパンと血であるぶどう酒(ぶどう液)をいただく儀式です。申し訳ありませんが、キリスト教の洗礼を受けておられない方にはお渡しできません。そのかわりに、牧師が祝福をいたしますので、聖餐式では牧師のほうへお進みください。(現在、コロナウイルス対策のために聖餐式の回数を減らし、また実施する際には個包装のパンとぶどう液を使用しています。)

Q.家の(自分の)宗教・教派が違うのですが。/無宗教なのですが。

 いかなる宗教の方にも、また、まだ信仰をお持ちでない方にも、教会は扉を開いています。どうぞお気軽にお越しください。入信や改宗を強制することも全くありませんので、ご安心を。大江教会は教派・宗教を超えたつながりを大切にしています。

Q.小さなこどもを連れて行ってもいいですか。

 歓迎いたします。おもちゃもあります。神様の家である教会にこどもたちの元気な声があるのは自然なことです。

Q.牧師に相談をしたいのですが。

 礼拝後でも、平日でも、お聴きいたします。お気軽にどうぞ。秘密は厳守します。電話などで事前にお約束をいただくと幸いです。

Q.教会に通うには洗礼を受けなければいけませんか。

 洗礼(入信の儀式)を受ける予定のない方も歓迎いたします。どうぞお気軽にお越しください。もし洗礼を受けて正式にクリスチャンになりたいという場合は、まずは牧師にお声掛けください。

Q.学校の課題で礼拝に出席したいのですが。(ミッションスクールの方)

 歓迎いたします。日曜日10時30分からの主日礼拝にご参加ください。出席証明のスタンプ等が必要であれば受付でお申し出ください。カフェルームにはWi-Fiや電源コンセントもありますので、休憩や談話、自習にどうぞ。

Q.他教会の者ですが、礼拝に出席できますか。

 どうぞお越しください。キリスト教の洗礼を受けておられれば聖餐式にもご参加いただけます。なお、使用聖書・讃美歌は「新共同訳」と「教会讃美歌」、「讃美歌( '54年版)」です。転入のご相談は牧師までどうぞ。

Q.教会での結婚式や葬儀を考えているのですが。

 キリスト教式の挙式をお考えの方は牧師までお気軽にご相談ください。(キリスト教信徒ではなくても可能ですので、まずはご相談ください。)ただし、教会内に宴会場をご用意することはできませんので、披露宴などは教会外の会場をご用意ください。なお、主日礼拝が行われる日曜日の午前中やその他教会行事が行われる日は対応できかねます。

Q.キリスト教の葬儀の作法が知りたいのですが。

 服装は一般的な弔問服と同じで構いません。お納めになる金封には「御花料」または「御霊前」とお書きいただくのがよいでしょう。水引はあってもなくても構いません。仏教式でいうところの「お焼香」の代わりに「献花」があります。召天者(亡くなった方のこと)や御遺族には「主の平安がありますように」、「神様の恵みと慰めがありますように」などのお声かけがよいでしょう。堅苦しい作法ばかりにとらわれず、召天者の平安をお祈りするお気持ちを持っていただければ充分です。

Q.礼拝堂や集会室を会場として借りたいのですが。

 日程調整などの打ち合わせが必要となりますので、教会までお電話かメールフォームでお問い合わせください。原則として教会行事による使用が優先されます。また、利用目的や内容によってはご遠慮いただく場合があります。(過去の利用事例:合唱や器楽合奏の練習、語学教室、互助会ミーティングetc.)

ほかにご不明な点があれば、遠慮なく教会員や牧師にお尋ねください!